人体実験監察日記

人体実験とか、簡易プログラムとかの記録。ブログ主は頭おかしい人です。

ドーピング日記:7月30日

ドーピング内容:

八味地黄丸  丸剤   一日分

 

投薬無し

 

朝仕事場に行ったら、後一日分あった筈の釣藤散が無くなっていた。理由は不明。棄てられたとしか考えられない。

頭の中身が多動でヤバくなるからダダ漏れた思考を読んだ誰かが嫌になって捨てたのか(分裂病並感)

或いは余りにもフラッシュバックが激し過ぎて見兼ねたうちの神様が神隠し発動したのか(分裂病並感)

ストレス行動激しくなった私を見兼ねて誰かが薬捨てたのか(自意識過剰並感)

或いは単純に飲み切った事を忘れてるのか(小並感)

↑↑↓↓←←→→ABでリセットされたのか(KONAMI感)

何はともあれ今日はそのせいで薬は飲めず、代わりに八味地黄丸でブースト。

 

……楽だった。

一日が楽だった。

多少フラッシュしても感情まで喚び起さなかったし、そもそもフラッシュバック自体が少なかった。頭にモヤがかかる前に伝票全部終わらせたから被害も少なかったし、八味地黄丸のお陰で気がしっかり巡っている。頭に気が昇る感じもない。

……楽だったぁ……!

 

それにしても上衡した火を落として頭痛や鬱を和らげるための寒剤処方でイライラがここまでばっつんばっつん来ていたなんて。ぱっと見逆に上衡してる。理由理屈が自分の中で落ち着いてるから良いけど、そうじゃなければ漢方嫌悪するレベルだった。

お陰で柴胡加竜骨牡蛎湯で逆に不眠になった父の理屈が理解出来た。重ねるようだけど、ドーパミンに頼らず抑鬱に正面から喧嘩売るってこういうことなんだな。(✖️立ち向かう   ○喧嘩売る)

 

追い追いバックヤードでその辺りを考察してみようと思う。