人体実験監察日記

人体実験とか、簡易プログラムとかの記録。ブログ主は頭おかしい人です。

投薬日記:8月12〜17日

最近書いてない。
それだけ変化がないのだけど。

特に最近は仕事量が減り、余り業務量を要求されないので良し悪しが図りにくいところがある。

ドーピング内容
八味地黄丸 丸剤 一日分

投薬内容
釣藤散 1/3日分
抑肝散 2/3日分

暫く合わせ飲みをしてみていた。
釣藤散と抑肝散を合わせた真ん中がマイルドで良いかと考えたためだ。
結果としてはドーピングの八味地黄丸とも相殺してしまうのか、変化が寧ろ無くなるという形になる。

釣藤散と抑肝散だけの日だと、やはり効果が中途半端で、主作用が無くなり中途半端に副作用が両立する風味であった。

喉がイガイガして銀翹散を飲んだ日は更に頭痛まで呼ぶ始末である。結論として漢方は精々2剤までの服用に留めるべきだと成った。

現在最も不注意に対して効果を呼ぶのは八味地黄丸と釣藤散のコンボ。夏なので凝り固まった頭の熱を下げる事が効果になっているのだろう。
但し秋になると今度は熱が要るようになるので、体調に合わせ再度抑肝散を検討したい。
次の医者は釣藤散と六味丸でファイナルアンサーしていいだろう。