人体実験監察日記

人体実験とか、簡易プログラムとかの記録。ブログ主は頭おかしい人です。

超煩操

観察は大事。
そして落ち着いて過去の症例紐解くの大事。

最近身体が重く、肩より上が強張り、記憶が若干頼りない事がある。
昨昨日は一時発情とも言える状態になり二時間で四回程一人で慰めたりもした。だがそれ以外では大方鈍重な感覚が支配的。
その癖今日は頭が騒いでいた。釣藤散があるから服用したものの、一時は落ち着いたように見えてその後更に酷くなる。と言うか飲んだ瞬間は逆に騒いだ。

ここのところ落ち着いていたからすっかり忘れていたが私は釣藤散で逆に騒ぐ体質だった。何故だなぜだと考えて考えが振れてうわ言が増え、四肢の煩操に耐えられず頭を振り、頭の痒みが出て非常に困った。最早キチガイの狂い方である。
今は仕事が終わり酒を飲んで落ち着けているが其れでもかなり圧力高いこの文章を書いていることを自覚している。
何卒御覧になられた方には御容赦を頂きたい。

抑肝散と釣藤散で煩操と茫洋のバランスを取っていた事を忘れているなんてなんたる愚昧か。
今日明日はもう仕事がないからこのままでも良いが、明後日からは確実に抑肝散と釣藤散を併せて持っていかねば。
喉元過ぎればなんとやら。今日も繰り返した教えがまた一つ……。