人体実験監察日記

頭おかしい人の人体実験やその他雑記のブログ

発達障害は忙しいと好かれる

何故なら働くからです。

暇が嫌いなので働くのです。ADHDに待機時間とかあり得ないんです。時間をドブに棄てるなんてことはADHDには絶対に出来ません。

すると好かれます。感謝されます。余計働きます。挙句それが当たり前になっても黙々と働きます。

若い人の謎のテンション苦手なので私語しないで働きます。なので真面目だと思われます。

結果、最終日は挨拶する側の私が周りから幾度の挨拶を受ける事に。

 

この環境、恐らくこの十年で最も楽しかった半年だ。

冷たい目線や空気扱いからスタートし、気が付けば多少の我儘も効き、越権行為も許され、周囲の目線も変えた半年であった。

次はきっと地獄になるけど、なんか今ならクソブラックでも行かない限り大丈夫な気がしている。

それに同僚はアレかもしれないが、クライアントは話がわかりそうだし。

 

お休みは一週間の予定が二週間になった。

一週間は沖縄に使うが、残りで京都も行ける、名古屋も行ける。

あゝ、熊野の大母様にもまたお会いしたい。

頑張れば出雲様にもお会い出来るかもしれない。

 

天の御褒美であるのなら、何某か、良い一週間にしたいものだ。

久し振りに書く仕事の話

明けましておめでとうございます。

前年度お世話になりました方にはこの場を以て御礼申し上げます。

本年も更なる良き関係が築けます事を切望致します。

 

こっちに書くのは実に久し振りの事ですね。

 

取り敢えず年末年始はひたすら仕事でした。

作業をこなしつつたまに御客の要望に答えつつ。

スケジュールな仕事は先ず無理なのでそれは正社員にまかせて、派遣の自分はリアルタイムのタスクだけコツコツと。

 

でもたまに接客タスクが三つになったりして。そこに他の人間が専門外かつ、ついでで出来ない接客タスク持って来るから強い口調で拒否ったりとか。

多分あの人私の事クソ人間だと思ってんだろうなと思いながら、淡々とこなして次の仕事します。

今は売場のマネージャーにも仕事面で愛されてるらしく、多少ポカろうが伝票間違えようが笑って済ませてもらえます。

逆に言うとそれだけの業務量は維持しないとならないので怖い所ではあるけれど。

忙しいからこそ過集中が評価されるのか。

勿論すべてが順調とは言わないのだけど概ね身の回りは安泰かもしれない。

 

尚今月でその環境をぶん投げる予定です。

何の因果か暇が嫌い過ぎてもっと忙しい場所寄越せと要望してしまったのです。

今の担当がガスコンロなのだけど、お客の数が余りにも少なく、もっと仕事のある場所を寄越せと言ったのが運の尽き。激務と強烈な人間で有名な時計修理をやる事に。

私は来年まで生き残れるのか…。

まこと自爆乙としか言い様がない…(ノД`)

 

尚、家電と時計では派遣の雇用元が変わるのですが、家電のマネージャーが私を引き留めようとしてくれたらしく、代わりの仕事を出せと今の雇用元に要望。

で、今の雇用元が提案したガスコンロ代わりの仕事が、ガスコンロ含めた調理家電の半分を専門職として全部担当すると言う狂気の沙汰。

専門職は歩くカタログであり説明書とも言える存在なので、要はジャンル何十の種類何百の説明を性能比較込みで全部キッチリと出来ないとならない。

そして私は着任半年。

勿論断って時計修理を選択した訳ですが、そしたら昨日は一日いらっしゃいませを云うだけの仕事に付かされる。

内心イジメか!と思いつつ、まぁ自分のADHDについてはクローズドなので、そんな事思ってる訳ないよなーって。

昨日は時々声出ししながらひたすら俳句を詠んで過ごし、それを伊藤園の新俳句大賞に投稿してました←

明日も明後日もこれやるんですよ嫌ぁぁぁたすけてぇぇぇぇぇ!

 

そんな小正月と誕生日を控えた、副鼻腔炎に悩む午後でした。

顔面痛い…。

投薬経験:柴胡桂枝湯

久し振りに身体の観察をしました。

前年も梅雨時になると寒気がしたりしたのですが、今年は体幹の冷感と、四肢の熱感と言う珍しいパターンがあったので、水毒症の猪苓湯とは別の選択をしてみました。

表題の通り、柴胡桂枝湯です。本当は小柴胡湯を試したかったのですが、液剤が無かったので柴胡桂枝湯で。

結論を言うと効果あり。

小柴胡湯の偏熱解消効果と、桂枝湯の体温上昇効果が相乗したのか悪寒は解消。

但し、逆に内熱が過ぎて辛いものが欲しくなる羽目に。皇帝ハバネロだのファミチキレッドチリだの食べて汗を流し、内熱を発散。皇帝ハバネロを我武者羅に食べても全く辛く感じなくて凄い焦った。勿論翌日は下痢である。

 

ついでに気付いた事なのだけど、この薬、釣藤散合抑肝散や冠心Ⅱ号加減方で余った陽気をリセットする効果があるっぽい。飲んだ途端に睡眠時間が増え、眠れなくても動いてるあの感じが完全に停止。

試しに寝る前に飲んでみたら、いつもと同じ五時間睡眠ではとても足りなくなり、寝起き最悪に。覚醒してしまえば調子は比較的良かったりするが、覚醒レベルの上下動が激しくて調子が狂う。休みの前に飲んで、アイマスクとかしておくと良さそうだ。

 

漢方のバフに何かと頼りがちな私なので、ディスペル出来る事は単純に嬉しい。

実生活ではバフも状況次第でデバフになりかねないからだ。

 

藪医者を表す言葉に二つあり。

一、葛根湯医者。

一、柴胡桂枝湯医者。

今までノロウイルス対策程度に思っていたけれど、やはり柴胡と桂枝は舐めてかかったらあかんですね。

ガタついた心身の救逆剤

救逆。と聞くだけで、アレかな?と思う人は思うと思いますが。
実を言うとここ最近かなり状態がひどい私です。
4か月くらい完全無敵だったのに、5月の頭辺りから名札忘れ、電車乗り過ごし、伝票間違い三点と二週間の前科が半端ない事に。
流石にメンタルも鬱々としてきたのに、今までの食事無制限が祟り体重が少しずつ増加してしまい、それの是正のためにまた食事制限をする事にする事に決めてしまいました。
食事制限をすると体幹が冷えてしまう上に血糖値が足りなくなるので、ダイエットでも頭の状態を維持出来るように努める必要が出てきます。
肩凝りの酷さ、目の下のクマの出来やすさ、食事不摂生から、既に瘀血が発生していたと判断されるので、先ずはシトルリンを用いて駆瘀血。頭はすっきりしたものの、血糖値の不足と、上半身の血流不足(使いすぎたかもしれない)により超煩躁状態に陥ってしまいました。
頭はグチャグチャ、下半身はウズウズ。貧乏ゆすりをしないと頭に思考すら戻らない状態で、必死に一枚一枚伝票を処理していたんですが、そんな時に限って大量に伝票が流されて来るわけで、処理速度以上に運ばれて来る現状を確認。
9か月封印していたあの薬を遂に解禁致しました。

その名も、麻黄附子細辛湯。

これ飲んでからはあっという間でした。
口の中で転がしてから服し、効果は1分で現出。下半身の疼きも頭のグチャグチャも即停止。
指はスラスラと動き目線は確実に文字を捉えて追って行き、速度4倍以上でやってくる物を処理したのでした。
実はこいつは使ってた頃の日記が此処に残ってはいるのですが、改めてどう云ったものなのかを、まだお薬が効いてるうちにザラっと喋ってみようかと思います。

結論を云うと速攻ドーピング剤です。

漢方薬は(処方にもよりますが)配合薬が多ければ多いほど即効性が緩んでくると言う説があります。
麻黄を使っている剤としては、葛根湯が7種。麻黄湯で4種。
麻黄附子細辛湯は名前こそ長いものの3種のみ。
加えて言うなら前者2剤は即効性を犠牲に副作用を緩和する甘草が入っているので、比較的身体に負担を掛けずに緩やかに薬効が効くように出来ています。
麻黄附子細辛湯にはそんなものありません。
市販剤の中ではかなりキレッキレなタイプの薬です。(※1)

麻黄附子細辛湯はその名の通り、麻黄、附子、細辛の三つだけで処方された包剤なのですが。
先ずこの麻黄は言うまでもなくエフェドリンの原材料。中枢神経刺激剤として真っ先に禁止ドーピングに上がってくる代物です。
そして残りの附子も細辛も、ヒゲナミンと呼ばれる交感神経作用薬を含み、アンチ・ドーピング機構から禁止を食らっている生薬だったりします。附子なんてその他にもオピオイド受容体結合物質イグナシンとか、説明不要のアコニチンとか、もうこれでもかと言うほどドーピングの嵐。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、寿命削って仕事するくらいの薬剤で、本来なら休養が前提で使うような代物。常用したら先ず間違いなく寿命縮むと思います。
所謂ユンケル系と違う所は、体を労わったり陰を保養するような成分が一切入っていない、燃やすためだけのお薬って所でしょうか。
(※1)

しかし流石に御蔭様で鬱々も変な考えも全部ぶっ飛んでます。
お酒も断たないといけない身には実に有難いお薬ですね。
と言う訳でピンチだったけど何とか切り抜けました系なお話。
うーん。肩こりも消えてうれしいわー。

 

※1:ちなみに市販剤以外の包剤も含める場合、回陽救逆剤と言う更にキレッキレな子がいます。意外な事に、白葱を混ぜると即効性が増すんだそうで。白通湯は緊喫の剤として有名らしいですね。現物見た事ないけど。

※2:但し体力が少なく、体温の維持もままならないような人には寧ろ体温を与えて安らぎを与えると言う効果になるので、過労とかの人に与えると寝ちゃう事があります。と言うか飲ませたら寝た奴目の前で見た。

久し振りのやらかし

思うのです。

何でやらかす時って高確率でクリティカルなんですかね。って。

 

やらかしたのは弟の部屋に名札兼タイムカードを置き忘れた事でした。発達障害あるあるの典型ですね。

うちの職場は勤務打刻忘れただけで始末書と査定減点が部署と個人に公式に入るので、名札忘れは始末書が二枚必要になります。二回なので都合四枚。大事にも程があろうな…。

此処半年以上打刻忘れが無縁だったので一回目はお咎め無かったんですが二回目は当然ながら課長がカンカン。課長の説教だけで済むなら寧ろ有難い話なので(酷いと打刻忘れで部長クラスにお呼ばれするらしい企業)、謹んで受けましたけれども、正直ADHD向かない職場やなと改めて痛感します。

(仕事にミスが無ければ人格に対する感覚は緩いのでアスペルガーは多分向いてます。たまに陰口る人いるかもしれないけどクビにはなりません。)

取り敢えず抜本的に管理システムが必要になるやろなと思って、少し探したら出て来ましたこんなもん。

 

  http://www.yodobashi.com/product/100000001003419269/ 

(文字リンクはヨドバシドットコム利用者用。)

 

知っている方は知っている。知らない人はまだまだ知らないこの商品。MAMORIOと云います。

本来の用途は落とし物防止タグと言うもので、スマホbluetoothでリンクし、リンクが切れると観測した最終位置を表示するものです。また、近くに他のMAMORIO搭載スマホが通り掛かると、そのスマホからクラウドを通じて自分のスマホに位置が伝わります(専用のモードにする必要があります)。

類似の品は元々海外に幾つかあるのですが、私が此れを選んでみた理由が以下の通り。

◎日本企業製品。サポートや説明書その他が日本語を原則とする。

◯離れただけでギャースカピースカ鳴らない(近所迷惑にならない、電池が保ちやすい。)

◯防水なのでモレちゃう日も安心

△OTAKIAGE(継続利用割引?)

 

なんかこのOTAKIAGEってSUMOUとかMONONOHUみたいなノリですが、要は継続利用なら半額で新品送るよーってやつです。(原則使い捨て)

 

で、実際に利用してみて思った事。

▲時々電波ロストするね

「手元にありますか?」⇨手元にありました

◯軽いね

名札に入れて重量全く違和感なし

✕ロストしてもスマホにも音が鳴らない。

本体は鳴ると困る。スマホは鳴らないと困る

◯軽いね

スマホの動作にほぼ支障なし。壊れかけ2万円のクソスマホ

◎チラホラ他のMAMORIO見つけるね

初日だけでも四個発見。上々では。逆にこっちも見つけてもらえる可能性あるかも。

 

と言う訳で触った所見を軽く。

一番は物品管理と、何より仕事帰りに他に寄るとか言うズボラしないのが一番良いんですけどね!

発達障害者を他人目線で見詰める作業

おはようございます。

新人さんを迎え、現場先輩兼スーパーバイザー状態の相変わらずな私です。

 

この新人さんが、今迄の人達と比べて自分に馴染みが良いので気楽な日々を過ごしています。一年半も同じ場所で仕事すると周囲ともフォローしたりしてもらったりで、実に有り難い話です。

 

さて。この新人さん、特徴をちょっとばかし挙げていきます。

・メモ取りが雑。やらない場合あり。

・何回も喋らないと覚えてくれない

・手先が死ぬ程不器用で封筒の糊付けすら怪しい

・やりたい事に向かって邁進してる(声優業)

・指摘に対して焦って、話を遮ってしまう

 

どう見てもADHDです。本当にありがとうございました。

まぁ自分を見てるかのような場面多い事多い事。

 

と言う訳で私の彼に対する対処法載せます。

 

・メモを取れと言わず、何処をメモ取ってるか観察する。

・前に喋った事は「前に話したけど覚えてる?」と注意喚起して一度答えさせる。解らなければ説明し、記憶の確認行為であり責める意図がないことを承知させる。これを覚えるまで繰り返す。また、先のメモ取りの手落ちはこの時に指摘します。重要度を理解しやすくなります。

・手先? 落 ち 着 け 。

・やりたい事は話のネタにしてくるので話してる時はニコニコ聞く(暇な時は良い暇潰しになるし)

・遮ってしまうのはどうせ本人もやっちまったと思ってるだろうし無駄に気にしない。

・自分のミスは隠さず、指示した時の責任が自分にある事を明確化する。

 

今の所順調。

向こうも表情解れて来て、ちょっとしたミスで焦る事は無くなってきた。

とは言え此処から5月病ならぬ魔の三ヶ月目たる6月があるので油断は出来ないけれど。

発達障害は気ぃ抜くと変な所で足元掬われるからな…!三ヶ月目はマジで鬼門です。

対策考えておかないとならんね。

セカンドオピニオンの結論

セカンドオピニオンメンタルクリニック通いの冬が終わり、検査による結果が出た。

ADHDと広汎性発達障害

なんか病名がふえた←

アスペじゃないと云う自分の見立てが当たっていた事は嬉しかった。

 

知能検査は総合IQ116

行動IQ116、言語IQ113。

処理能力が高く、場面描写が苦手。

要は段取り(計画)が苦手で、咄嗟の対応が得意らしい。

いや知ってましたとも。はい。

 

検査が終わり私は診察を終了した。

先生曰く、知能は高いから得意分野のゴリ押しするしかないんじゃ無いかなとの事。

でーすよねー。

 

脱線するが、実は今、私はもう事務職の仕事にミスが無い。逆に指摘する立場になり、トラブル指摘が持ち込まれても逆に相手が悪いと言うほどミスが無い。健常人側にミス指摘する発達障害者ってなかなか浪漫ある。でもいつ逆転するか解らなくていつも冷や冷やしてる。

とは言え事務職飽きるからもっと創造的なことしたいなと思っていて、ARに携われたら良いなとか思い始めている。

 

閑話休題

結局私が病院通いで知った事は、発達障害は自分で意識するしかないんだと言うこと。

今まで、自分でネット漁ったら病院行け病院行けと煽られていたけど、今回のお医者様に会って、結局当事者の会とか当事者の書籍とかで擬似経験を重ねるしかないんだと解った。と云うかそう教えてくれた。ちゃんと探せば医者より役に立つ情報があると彼は教えてくれたのである。

勉強である。

これからも勉強である。

数万円以上のお金を掛けてやっとスタートライン。

 

そして、私は出来る。

きっと出来る。

本当に色々あったけれど、自分の人生に絶望せずにこれからを生きたい。

 

俺達の戦いはこれからだ!