人体実験監察日記

人体実験とか、簡易プログラムとかの記録。ブログ主は頭おかしい人です。

心療内科は利用するもの

基本的に、心療内科は調べない。経営効率が第一なので、人の話も聞いてないし考えが画一的だ。
壱に柴胡二に柴胡、柴胡効かないと言ってるのに伍にサイコ。シャドルーか。何やこのサイコ洗脳。
これを頼ってるんじゃそら大半の発達はアホにもなるわ…。なんでボケとフラッシュバックの防止に柴胡桂枝乾姜湯なん。フラッシュバックだけやん…。それも中途半端だし。

それでも今向かってる所は前よりはマシだ。
テラ飲まないと診断出さないみたいな事は言われない。しかし何も出来ない。
その無知を棚に上げて逆ギレするんだから本当に気楽な稼業である。いや無知でも良いけど人の話聞こう?と言う話なのだが。

と言うても日本にいたら珍しくもないんだけどねこんな反応。

という訳で同じ医院で医者を変えて抑肝散を処方して貰う。どうせテラ出す以外何も出来ないなら好きなようにやらせてもらうから処方箋だけ書いとけと言うスタンス。効率良いでしょ?
プライドも何も無いだろうけど効率重視で話すら聞けない定型()のお医者様には願ったり叶ったりではないかしら。定型ってなんだろう。


という訳で早速抑肝散を服用。
今のところ感情は安定。が、頭が冴えない。
菊花が無いからなのか、理由は不明。取り敢えず釣藤鈎を増やそうと倍量服用。
そしたら感情が落ち着き過ぎて仕事のやる気がまるで出ない。と言うか行動するための感情の起爆が生まれない。凄い茫洋としてる。
それでも腹立たしさを忘れてないのがアレだけど、多分釣藤散飲んでたらブチブチだったろうなこれ。

同じ釣藤鈎方剤なのにこの違い。
今の処やる気出したい時は釣藤散でファイナルアンサーっぽい気配がしています。
が、やはり様子見しようと思います。